2019年10月10日木曜日

ZAFアートフィルム上映会


\アートフィルム上映会 開催!/
逗子アートフェスティバル2019の一環で、アニメーションや現代美術の映像作品の解説付き上映会を行います。
逗子周辺に在住の映像作家の作品を中心に、ゲスト作家作品の上映も行います。
今までの価値観を揺さぶるような映像表現をお楽しみください。

※ご予約の方を優先で席をご用意します。当日券は立ち見の可能性もございますので、ご注意をお願いします。
予約フォーム:https://artfilm-screening.peatix.com/

ZAFアートフィルム上映会
開催日時:10月19日(土)19:00-21:00
料金:無料
会場:JR逗子駅前スーパースズキヤ2階(逗子市逗子1-4-1)
地図:https://goo.gl/maps/CkaekFwcKbR8xSKP8
定員:20名程度

▼上映プログラム
大西景太「パッヘルベルのカノン」(2018/5分)
重田祐介「身体の動かし方」(2014/1分30秒)、「お話の力学」(2008/5分)
高田冬彦「Dream Catcher」(2018/4分30秒)
吉開菜央「I want to go out」(2014/6分55秒)、「風にのるはなし」(2018/9分4秒)
仲本拡史「水際の来訪者」(2017/6分19秒)、「沈黙の旅人」(2012/12分16秒)
黒川莉代「アルミホイール脳」(2018/46分36秒)

▼作家プロフィール
大西景太:
逗子市在住。映像とサウンドをリンクさせる手法を用いて、インスタレーション作品やミュージックビデオなどを作ります。また企業のコンセプトムービーやCMなども作っています。1980年鎌倉市生まれ。2006年東京藝術大学大学院デザイン専攻修了。2010年度より東京工科大学デザイン学部講師。
ウェブサイト:http://www.onishikeita.com/

重田祐介:
葉山市在住。映像作家。アニメーションの制作プロダクションを経て、東京芸術大学大学院映像研究科修了。
驚き盤やゾートロープなど装置を含めた広義なアニメーションへの興味からメディアアート領域で活動。
フィルムの登場によって、原始アニメーションの持っていた装置(メディア)と映像(コンテンツ)の2面性が切り離されたと考え、
古典アニメーション的な立場から、映像とその外側にある装置や空間を横断的に体験するアニメーション作品を制作。
ウェブサイト:http://shigetayusuke.com/

高田冬彦:
現代美術家。映像作家。作品は主に作者の自宅アパートで撮影され、時に作者本人も登場する。 密室で渦巻く独りよがりな夢想のようなものを、ジェンダーやトラウマ、神話やポップカルチャーなどといった要素 と混ぜ合わせながら表現する。手作り感あふれるチープな演出や、ケバケバしい色彩センスも、特徴のひとつである。 主な個展に『DREAM CATCHER』(Alternative Space CORE/2018年)、主なグループ展に 『MOTアニュアル 2016|キセイノセイキ』(東京都現代美術館/2016)など。
ウェブサイト:http://fuyuhikotakata.com/

吉開菜央:
1987年山口県生まれ。日本女子体育大学舞踊学専攻卒業、東京藝術大学大学院映像研究科修了。作品は、国内外の映画祭での上映をはじめ、展覧会でもインスタレーション展示されている。MVの監督や、振付、出演も行う。映画『ほったまりびより』監督。近作『Grand Bouquet』がカンヌ映画祭監督週間に選出される。米津玄師MV「Lemon」出演・振付。東京造形大学非常勤講師。
ウェブサイト:https://naoyoshigai.com/

仲本拡史:
逗子市在住。映像作家。東京造形大学映画専攻非常勤講師。東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。東京造形大学在学中に西イングランド大学に交換留学し、現代美術を学ぶ。幼い頃から引っ越しを繰り返し、小学生時代を主にミヤンマーとインドネシアで過ごす。ホテルなどの人工的な空間に、 カニやヤドカリなどの動物を持ち込み、動物と自己、カメラのの3者の関係を緊張感を持って描く「動物SF」シリーズは、 ベルリン映画祭やWROメディアアートビエンナーレなど、映画祭、芸術祭を問わず、各国で上映、展示される。
ウェブサイト:http://www.hirofuminakamoto.com/

黒川莉代:
逗子市在住。東京造形大学デザイン学科映画専攻在籍。監督作品「わたしはこれとこれを」(2017)「ペリ」(2018) 「アルミホイール脳」(2019)。超現実的な世界観の映像を制作し、現在は日常から離れた人の動きを研究中。 舞踏家大野一雄・慶人の表現を噛み砕いて、自らの手法を開発。CSLadパフォーマンスナイトにて即興ダンスを披露した。 昨年主演作「燦々」(薬袋未来監督)が卒業制作作品賞を受賞。その他演劇「同棲時間」、青山実験工房公演の「影能」、 国際ダンス映画祭「身体が残る。」など、多数参加。
ウェブサイト:https://kurokawariyo.tumblr.com

2019年10月9日水曜日

Search&Destory


東京造形大学には、学生が中心になって、自分たちの望む教育を行っていくCSLABという場所があります。
沖啓介さんにご依頼いただいて、CSLAB発行のアートジャーナル”Search&Destory”に、今年の夏に逗子アートフェスティバルの一環として行ったレクチャーの書き起こしを寄稿しています。
3月号には、写真家の鷹野隆大さんの身体論や、やちゃおう倶楽部の曽和さんのエッセイが載っていますので、是非お時間のある時にご覧になってみてください。

2019年10月2日水曜日

はじめての舞踏ワークショップ



\はじめての舞踏ワークショップ 開催!/
逗子アートフェスティバル2019の一環で、舞踏のワークショップを行います。
講師の黒川莉代さんは、映像作品を制作しながら、舞踏の実践も行っています。
決まり切った形式から離れた独自の踊りを見つけることを目的としたワークショップです。体全体を自由に動かし、リラックスするだけで誰でも踊れます。舞踏の経験は必要ありません。最後には、全体をカメラで撮影して、全員で鑑賞します。
当日夜には黒川さんの作品上映もありますので、是非ご参加ください。

※ご予約は以下のフォームからお願いします。
予約フォーム:https://videodance.peatix.com/

※逗子アートフェスティバルのフライヤーに掲載されているタイトルと内容に一部変更がございます。予めご了承ください。

※作品上映は当日19日の19時から、スズキヤ2階のZAFメイン会場にて予定しています。詳細決まりましたら告知いたします。

▼はじめての舞踏ワークショップ
講師:黒川莉代
司会:仲本拡史(映像作家)
日時:2019年10月19日(土)13:30~15:00
場所:市民交流センター第2・3会議室(逗子市逗子4-2-11)
料金:500円(当日精算)
参加対象:どなたでもご参加いただけます。定員10名程度。

黒川莉代プロフィール:
東京造形大学デザイン学科映画専攻在籍。監督作品「わたしはこれとこれを」(2017)「ペリ」(2018) 「アルミホイール脳」(2019)。超現実的な世界観の映像を制作し、現在は日常から離れた人の動きを研究中。 舞踏家大野一雄・慶人の表現を噛み砕いて、自らの手法を開発。CSLadパフォーマンスナイトにて即興ダンスを披露した。 昨年主演作「燦々」(薬袋未来監督)が卒業制作作品賞を受賞。その他演劇「同棲時間」、青山実験工房公演の「影能」、 国際ダンス映画祭「身体が残る。」など、多数参加。
ウェブサイト:https://kurokawariyo.tumblr.com

主催:逗子アートフィルム(逗子アートフェスティバルの企画)
協賛:東京造形大学校友会
逗子アートフィルムの今後の予定:https://artfilm.jp/
逗子アートフェスティバル公式サイト:http://zushi-art.com/

2019年9月17日火曜日

8ミリフィルムで撮影から現像まで てづくり映像ワークショップ


\8ミリフィルムで撮影から現像まで てづくり映像ワークショップ 開催!/
逗子アートフェスティバル2019の一環で、8ミリフィルムのワークショップを行います。

フルHDや4K8Kのデジタルだけが映像じゃない。
実はまだ『フィルム』という選択肢もあるんです!

スマートフォンやウェアラブルカメラ、ドローンなど、小さく高性能になったデジタル映像機器で撮影された映像に触れることが、当たり前の日常になりました。
そんな現代なので「まだあったの?」と、滅んだかのように思われている『8ミリフィルム』。
今でも8ミリフィルムを使っての映像制作、できるんです。

デジタルだけじゃつまらない。
「それしかできない」の思い込みの中にダイブして、ファインダーを覗き、古きも新しい映像メディアを再発見します。

チームに分かれて、逗子のまちをカラーの8ミリフィルムで撮影します。
撮影フィルムはみんなの手で現像をして、最後は上映会。
映写機にかけて、ここではじめて自分が撮影した映像とご対面です。

機材がなくても、8ミリフィルムを知らなくても大丈夫!
人も、映像も「はじめまして」って、とってもステキです。
手でさわって目で見て作る、8ミリフィルムで行う、てづくり映像ワークショップです。

※予約フォームからご予約をお願いします。
予約フォーム:https://artfilm-8mm.peatix.com/

▼8ミリフィルムで撮影から現像まで てづくり映像ワークショップ
講師:早見 紗也佳、よこえ れいな
司会:仲本 拡史(映像作家)
日時:10月22日(火・祝)10:45開場 11時スタート 19:30終了(休憩含む)
会場:黒門カルチャーくらぶ(逗子市新宿1-4-7)
http://hoppou-bunka.com/kuromon/06access.html
料金:3,980円(当日精算)
定員:12名(先着順)

●参加者もちもの
・筆記用具
・エプロンもしくは、汚れても良い服(現像の際に液がとぶおそれがあります)
・水分、お昼ご飯

●時間割
11:00-12:00 レクチャー
12:00-13:00 休憩
13:00-15:00 撮影
15:00-17:30 現像レクチャー/現像
18:00-19:30 上映会


早見 紗也佳
福井県出身。金沢美術工芸大学 大学院修士課程 絵画専攻 修了。絵画と映画、フィルムの関係性をテーマに制作を行っている。現在、出張映写の会社に勤務。映画に囲まれ、デジタルとフィルムを行き来する生活を送っている。


よこえ れいな
メディアアーティスト、研究者。8ミリフィルムでの作品制作とメディア研究を横断して活動する。通称「8ミリ女子」。現代のメディア文化における8ミリというメディアのオルタナティブなあり方を探求する実践を行う。東京大学大学院在学中。
ウェブサイト:https://www.yokoereina.com/

主催:逗子アートフィルム(逗子アートフェスティバルの企画)
協賛:東京造形大学校友会
逗子アートフィルムの今後の予定:https://artfilm.jp/
逗子アートフェスティバル公式サイト:http://zushi-art.com/

2019年9月16日月曜日

ZAF アートフィルム レクチャー#5「My Fantasia-夢見る身体-」


\ZAF アートフィルム レクチャー第5弾 開催!/
逗子アートフェスティバル2019の一環で、アートフィルム企画が進んでいます。第5弾は現代美術家で映像作家の高田冬彦さんをお招きして、レクチャーを行います。

高田さんの作品は、おとぎ話や神話、ポップカルチャーなどをテーマに、夢想的な世界に隠された、ジェンダーの抑圧やトラウマ、身体といった様々な問題を、ユーモラスかつ批評的に晒し出します。時折のぞく、エロティック、そしてバイオレンスな要素もその魅力のひとつです。

現在、森美術館のMAMスクリーンで特集上映が組まれるなど、注目が高まっている作家です。ぜひこの機会に、作品の背後にある作家の想いと共に、作品上映をお楽しみください。

※ご予約はこちらの予約フォームからお願いします。
https://artfilm-5.peatix.com/

ZAF アートフィルム レクチャー#5「My Fantasia-夢見る身体-」
講師:高田 冬彦(現代美術家・映像作家)
司会:仲本 拡史(映像作家)
日程:9月29日(日) 19時開場 19:15スタート 20:45終了
会場:貸しキッチン 逗子ののせ
https://www.facebook.com/zushinonose/
※会場の場所がわかりにくくなっています。末尾の会場地図をご覧の上、ご来場ください。
入場券:1000円(当日精算)
定員:15名(先着順)


高田冬彦プロフィール:現代美術家、映像作家。作品は主に作者の自宅アパートで撮影され、時に作者本人も登場する。密室で渦巻く独りよがりな夢想のようなものを、ジェンダーやトラウマ、神話やポップカルチャーなどといった要素と混ぜ合わせながら表現する。手作り感あふれるチープな演出や、ケバケバしい色彩センスも、特徴のひとつである。主な個展に『DREAM CATCHER』(Alternative Space CORE/2018年)、主なグループ展に『MOTアニュアル 2016|キセイノセイキ』(東京都現代美術館/2016)など。
ウェブサイト:http://fuyuhikotakata.com/

逗子アートフィルムの活動予定:https://artfilm.jp/

会場地図:

2019年9月5日木曜日

逗子アートフィルムのウェブサイトが出来ました!

逗子アートフィルムのウェブサイトが出来ました!
https://artfilm.jp/

逗子アートフィルムは、逗子アートフェスティバルから生まれた活動です。ここでは、様々な映像表現のレクチャー、ワークショップ、上映などの活動を行っていきます。

7人のメンバーで、今年の7月くらいから小さく活動を行ってきましたが、そろそろ本格始動感を出して行きたいです。

これからの予定について、会場や時間など細かい変更はあるかもしれないのですが、日程と内容はほぼ確定ですので、気になる企画については是非ご自身のカレンダーにチェックを入れておいていただけたら嬉しいです。

逗子アートフィルムの素敵なロゴデザインは、広報アドバイザーとしても関わっていただいている、黒崎磨衣子さん!瞳の中には僕のトレードマークのカニとカメラ、そして小さくZUSHI ART FILMSの文字が入っています。海沿いの逗子にもぴったりのロゴです。

ウェブサイトの制作は、メンバーの川村肇さんです!メインのお仕事がある中、一から作ってくださいました。zushi katte.というおしゃれな料理道具屋を営んでいます。ウェブサイトにリンクもついていますので、逗子にお越しの際は是非寄ってみてください。

それでは、逗子アートフィルムをよろしくお願いします!